ソフトウェア開発技術者試験、その後。

 TACのほうに午後問題の解答配布されてたので丸つけしてみました。

午前:53問→100点概算:66.5
午後Ⅰ:70点
午後Ⅱ:66~83点

 午前は勘でマークしたところの大半があってたっていう景太郎君みたいなことをやりつつ、午後Ⅰはプログラム満点(24)が大きくて、午後Ⅱが何か一番自信あったのに一番微妙になってしまった
 骨子となる問題文が、

//
 あるルールに従って、盤面上の空欄に数字を入れるパズルを解くアルゴリズムについて考える。このパズルは図1に示すように、縦横それぞれ9マスからなる盤面で、いくつかのマスには数字が入れられている。この状態から、数字の入っていない各マスに、1~9のうちのどれか一つの数字を入れていく。このとき、横1列、縦1列、および太線で囲まれた3×3の小枠のどのブロックにおいても、1~9の数字が一つずつ入ることが、このパズルのルールである。
//

 とあって、

//
ncol:盤面の横列、縦列の数。ここでは9。
sqcol:小枠の横列、縦列の数。ここでは3。
//

 と注釈があった場合、模範解答で「ncol」が使われているところを、俺は「9」って書いたんだけど、果たしてこれって不正解なんだろうか。確かにこのプログラムをどんな盤面上でも対応させる場合、いくら固定定数といえどその定数を使わなきゃいけないのはわかるんだけど、問題骨子として9マス、3マスって書かれてるんだよなぁ。ええ、これどーなの。
 とりあえず、66点換算はそれが不正解扱いだった場合の点数。もし数字表記で認められるなら83点。17点はでかい。

 ……まぁ、午前の配点次第だけど、何とかなったっぽい?
 あ、ちなみに問題はIPAの公式HPで配布されてます。でも問題文書くのはまずいんじゃね?と思われた方はコメントに書き残してください。気づき次第、該当場所を削除します。
[PR]
by Akira_Ikuya | 2008-04-22 17:51 | リアル | Comments(0)


<< まずは落ち着いて話を聞こうでは... ソフトウェア開発技術者試験。 >>