狙うは空に浮かぶ円盤へ。

 マシンガンとショットガン選べといわれたらショットガン、ショットガンとグレネードランチャー選べといわれたら迷わずグレネードを選ぶ晶です、こんにちわ。何物騒な話言ってんだと問われれば、EDF3と答えます。EDFやりてー。
 試験休み、巧くいけば5日ぐらいあるしもっかいトワの家転がりこもうかしら……ああ、でも旅費が持たない。

 さておいて。
 学校で現在、LP第二幕(何か長ったらしいので頭文字抜き出してdatと呼びます)書いてんですが、いきなり何でまた書き始めたかと言うと単に刺激されたからです。いや、むしろ刺激されてたやつを再刺激されたというか何と言うか、アナフィラシキーショックだっけ、今現在そんな感じです。

 ……いや、死んではないですけど。



 そんなこんなで、俺が高校時代ガチで落雷をくらったかのように受けたweb作家さんのサイトにある小説を再び根こそぎ読んでます。こないだうっかりそれで徹夜しました。やっぱりこの人の書き方は巧くて、そしてやっぱり俺影響うけてんなぁと思う懐かしいシーンがぽろぽろぽろぽろ。
 今見ても、何度読み返しても刺激がびしびし俺の肌を突いてくる作品ってやっぱり読んでて楽しいです。いつかこの人においつけるのかなぁ、とか思ったりもしてみますが、追いつくとか考えてる時点でやっぱりまだまだというかダメダメだなと思ったり。

 空に浮かぶ円盤は人それぞれやっぱり違うわけで、それを狙い落とそうと皆必死になっていくもんです。だから俺は俺でやりゃいいと思うけど、それでもやっぱり影響されてしまうのが悲しい性質。

 いや、うん。でもやっぱり、この人はほんと凄いや。黄蓮花の話とかもう反則並だし。
 いつか俺もこういうのが書けるようになればいいな。むしろならなければ。

 円盤を打ち落とせるように。
[PR]
by Akira_Ikuya | 2007-09-06 18:05 | 二次創作


<< ああ、もう、可愛いなぁ。 Scene0-3 >>