輝きっていうかむしろ崩壊?

 ぱこっちとかさっちんが朝早く来るだろうし、できるだけ早く合流してあげようかー。暇さ加減は俺たちが身をもって知っているため、そんなことをぼやきつつ夕食を食べた次の朝。東京二日目。

 盛大に二人揃って寝坊しました。
 い、いや、二人とも一応は起きたねんで!? ただ、何かもうお互い起きた時間がちょうどずれてたみたいで、「晶寝てるしいいやー」「白乃寝てるしまだ大丈夫かなー」という見事なまでのすれ違いのせいで結局起きたのがぎりぎりだったという。
 朝4時半頃、地震のせいで一度起きたのは一応ノーカウントにしときます、うん。割と大きくて長い地震だったので吃驚しました。福岡なんてほとんど地震ない地域だし。

 とりあえず9時に起きて、フロントに電話して掃除時間を11時に延ばしてもらってから二人で身支度開始。白乃がシャワー行ってる間はのんびり甲子園見てました。高校野球はやっぱいいね! プロ野球はあんま興味ないけど。
 そんなこんなしてたら、やっぱり11時ぐらいになっちゃって結局12時集合にぎりぎりつくかつかないかの時間になっちゃったとか秘密だよ、だよ。

 そして、ぷらむんが何かのんびりROしすぎてたら集合時間に30分ぐらい遅れそうー、とかメールがきたので、これはぷらむんの奢りだってことでアルタ横の喫茶店に集合と相成りました。



 新宿駅から出て、アルタ前へ。人ごみの中何処いるんだー、って探してたら、何か割かし目立つ三人組を発見。何か俺って初身の人を大体言い当てることができるスキル持ってます。イェーイ。
 ってことで、銀ちゃ、ぱこっち、さっちん確保。いや、銀ちゃとぱこっちは一度あったことがあるから初見でもないけど。

 とりあえず毎度のごとく銀ちゃをいじりつつ一路喫茶店へ。何か南新宿?あたりにあるおいしいドーナツ屋のドーナツを山ほど買ってるとのことなので、これ昼飯でいいんじゃねーという雰囲気になってみんな飲み物だけ頼みました。俺はいつものようにコーヒー。流石に気温36度の中ホット飲む勇気なかったのでアイス。
 ずぞぞぞーってすすってたら、ぷらむんが駅前についたー、との発言。俺は窓に近い席に座ってたので、上からじーっと見てたら……なんかそれっぽい人発見。銀ちゃ連れて店の外へ。

 見事にぷらむんでした。いやっほぅヽ(´ー`)ノ

 冗談混じりにこれのお会計よろしくー、といいながら伝票をぷらむんに渡す皆。さり気なく鬼畜です。煽ったの俺ですが。
 結局集まったのは、俺、白乃、銀ちゃ、ぱこっち、さっちん、ぷらむんの合計六人。GB初期メンバーの四人に、俺・ぷらむんの中期メンバーの複合パーティー。

 この六人でカラオケに。何か白乃がすげー勢いで前々日カラオケで練習してたなー、とか思い返しつつ、広くもなく狭くもなくなんか微妙な部屋に通されました。田舎だと二人でさえ広い席に通されるのに!
 そして白乃がおもむろに曲を入れる。「マイペース大王」。何ともまた微妙に突っ込みにくい曲から始まりました。でも皆何のOPか知ってる辺りが濃いよね、この部屋。
 全員で合いの手入れつつ、次の局番俺。さてどうする、ここで普通の曲入れてもなんかインパクトねーぞ。

 だからといって未来への咆哮いれる俺も俺ですが。

 もうこの辺で大体皆空気読み始めて、次にぱこっちがアニソンいれたことによって今回のカラオケの流れはほぼ確定に決まり、皆でアニソンとかネタ曲入れまくる。さっちんがETERNAL BRAZEいれたりあいつこそがテニスの王子様流れたり、俺が陰陽師いれたり。
 ふぃぎゅ@の曲二曲とも俺が歌ったんですが、いきなり声高くしたり声低くしたりしたのが思いのほか皆に受けて更にテンションが変なことに。アレで思いっきり喉死んだのに懲りない俺。

 そんなテンションで、1時入店、7時半終了
 途中でずっとI'veのターン!が発動して履歴がやばいことになってました。何だよ21曲連続でI'veって。むしろKOTOKO。むしろOTOKO。何か久々にShooting StarとかLOVE A RIDDLEとか聞いた気がするよ。あと同じ空の下でとか。
 後、JAMの曲も何だかんだで結構歌ってたよーな気がしないでもない。確か10曲弱は確実はいってた。何だあのテンション。しかも皆しっかり合いの手マイクないのに叫ぶし、最後のSKILLに至っては全員フルスタンティングでフル熱唱だし。あれは何処のライブ会場だ。もう皆ホントに愛すべきバカたちばっかりです。

 いや、俺も思いっきり腕振り上げてまで歌ってましたが。歌詞知らない曲でマイクもったの初めてだよ!

 もう皆いい感じに疲れ果てて、そのまま一路予約していた居酒屋へ。コース料理予約してたので飲み物選んで料理を待つだけ。ささっと全員飲み物選んで、白乃の音頭で乾杯。
 チューハイうめー!ってやってたら、疲れが溜まってたのか一杯目で割とピンチになってました。ちょっと自粛して次はウーロン茶。それで酔いが完全にさめたのでずっとカルアミルクのターン!
 いや、あのお酒って甘くて呑みやすくて完全に珈琲牛乳だけど、アルコール度数高いから飲みすぎには注意してね。

 そんな感じで色々やってたら、サラダの大皿のサラダを銀ちゃと白乃が頑張って食べてました。肉が一瞬でなくなるから野菜しか残らないのよね、俺らのテーブル。そんなわけでもしゃもしゃくってたら、中央に山みたいに立ってたスナックのテント部分をずーっと興味津々に見てたさっちんがお召し上がり。聳え立っている残ったスナックスティックも各々が食べていたら、何かポテトサラダに一本だけ直立不動で立ちはだかるスティックが取り残されて。

 思わず皆で、数日前に天寿を全うしたとわすけのPCのお墓と名づけました。割と本人ガチで凹んでみたいだけど、まぁ、うん。頑張れ。

 その後皆いい感じに悪酔いして、姫に電話かけたりトワに電話掛けたりまさに無礼講。無礼講っていうかたちの悪い酔っ払い集団。ほんと二人ごめんね! でもまたやるかもしんない!
 姫の声が思ったより高くて吃驚しました。電話かけたの俺なのに、「内線3番の銀ちゃ様よりお電話でーす」といって姫の反応聞かずに電話渡した俺が言える台詞じゃありませんが。

 そんなこんなで遊び倒して飲み倒して、ラストオーダーの時間になったのでそこで解散。
 結局その日は二人でほろ酔い気分でホテルへと戻ったのでした。
[PR]
by Akira_Ikuya | 2007-08-16 17:41 | リアル


<< いざ往かん、夏の陣。 東京乗り込み大作戦。 >>