Scene6裏話。

 ブログ掲載のScene6に関する裏話です。Scene1-15、Epilogue1,2と通してのネタバレなども含みますので気にしない方だけ進んでください。



Scene6 - 「カトリーヌ=ケイロンの受難。」
初出: 【マガレ様が】生体研究所萌えスレ5階【みてる】>>38

■スレ投下時の心境。
 生体萌えスレに投下した「生体6」のお話。妙に耽美な単語を使いつつ、しかし中身はすげーくだらないっつーギャップを狙った地の文の書き方をここで練習。ただ、それが巧くいかなくて何か妙にちぐはぐな文章になってしまったかなとちょっと反省した前半部。セシルの絶望的なまでの味音痴はハチクロの山田がベースです。いや、山田は見た目からして既に食べ物を超越してるけどさ。マーガレッタの料理べたは多分共通認識なんで説明はいらないかと。お姫様は包丁なんてもたないのでございましてよ。
 そしてエレメスが出てくるところから後半部。生体3ぐらいから窓の外を眺めてるシーンがあまり出てこないため、あくまで彼の日常風景ですよみたいに強調したいがために窓を眺める描写を追加しました。
 ところで、普通にインカムとか現代部品出してますが、こーゆーところってあんなのがあっても違和感ないですよね?(ちょーん

■伏線についてのあれこれ。
 ここで張ってる伏線はないんですが、一応前Sceneのトリスの発言の伏線をちょこっと拾ってます。トリスの発言に当てられて、それでセシルが行動を起こす、みたいな。あと、伏線といえるほど隠してないけど、エレメスの素の顔の描写。
 殺気っていうのは、ただ一方へ向けるより無作為に垂れ流すほうが怖いと思うんです。現実世界で殺気もくそもないけれど。そんなわけで、彼はそんじょそこらの暗殺者じゃないですよ、みたいな感じでの殺気垂れ流し描写。

■再掲載に当たって。
 何か妙になった描写を書き直してみたら、やっぱりどーしても妙になる描写。正直な話、スレに投下時は「エレメスのお料理教室」は書かない予定だったし、料理ネタはこの6話だけでいいかーみたいな感じだったからそれでよかったんですが、あの話を書いちゃったがためにここではちょっとインパクト薄味に。お料理教室につなげるような感じで料理の描写やってみました。
 あと、料理でバイオハザードというと謎じゃむがまず真っ先に思いつく俺は何か間違えてますか?

■メモ帳
 残っていません。
[PR]
by Akira_Ikuya | 2006-10-05 14:28 | 二次創作


<< Scene7裏話。 確率論と見せかけた単純な話。 >>