十六種類のカテゴリー。

 もぐもぐとお昼のパン食べてたら、ツンデレ鳳君のところに面白そうな記事があったので拾ってきた晶です、こんにちわ。
 何やら俺はESTJのようです。何だこの摩訶不思議なアルファベットの羅列は、と思った方はとりあえず追記のほうをぷりーずるっく。



 詳しくはここを参照してください。タイプ別性格診断とかいうところです。
 四種類の項目を2系統ずつで分類して、それぞれの頭文字をとった文字列がさっきの「ESTJ」という形です。ちなみに俺は、外向()型で現実(S)型、ついでに思考(T)型な上に規範(J)型だそーです。何この頭でっかち

 ちなみに、全分類は、

 基本的に性格:内向的(I)⇔外向的(E)
 情報を処理する際の解釈方法:理想的(N)⇔現実的(S)
 判断・決断を行うについて:情緒的(F)⇔思考的(T)
 ライフスタイルの指向性:柔軟的(P)⇔規範的(J)

 という分類方法です。見事に鳳と逆判定でました。
 ………ま、まぁ、とりあえず結果見てましょう、結果。


ESTJ型:人生の管理者

/*
 ESTJ型はなんでも「あるがまま」に受け止め(S型)、客観的に解釈する(T型)。さらに、EJ型なので、自分の判断を押し付けたがる。
 魚が泳ぐのは当たり前なのと同じように、ESTJ型は生まれながら管理が得意である。(といっても必ずしもリーダーシップをとるわけではない)。
 何事にも筋を通し、組織的に行動し、人付き合いがうまく、勉強もできて、いつも適切な判断を下すので、頼りになる実務家で、仕事のできる人だと見られる。
 どんな組織でも難なくトップの地位に上りつめる。その持ち前の管理能力は職場に限らず家庭でも近所づきあいでも、さまざまなグループ活動でも発揮される。
*/

 ………うーん。何か(一番最初以外)べた褒めされるって気持ち悪いなおい。
 まぁ、でも管理したがりっていうのは否定しない。何事にも筋通ってないとテコでも動かない古臭い人間だし。

/*
 ESTJ型は男性的だ。外向的で決断力があり、実際家で自信家なので、一家の働き手とか保護者に向いている。
 これは一般的には男性の役割とされている。
 ESTJ型の女性は、自分では女らしいと思っているが、持ち前の「タフで,意思が固く、断定的で、決断力がある」性格と、伝統的に女らしいとされる「ソフトで、心が優しく、受身で、順応性がある」ように振舞いたいという気持ちの間で葛藤が生じる。
*/

 はて、女々しいといわれたことはあっても男性的といわれたのは初めてなような。あー、まぁ、でも、確かに自信家です。無駄に。

/*
 ESTJ型の生活スタイルでは、家族も管理するものの一つである。
 勤勉、きちんと立てた予定、功績に応じた褒美が、ESTJ型の暮らしのトレードマークである。
娯楽や余暇や自由時間も予定を立て、普段の決まりをどれほどちゃんと守れたかによって、もったいつけて褒美を分け与える。
*/

 ……わはー、もうここまで言われりゃ頷くしかねーよ畜生!?


親子関係
/*
 ESTJ型の親は役割をはつきり決め、家族がそれに従うのを期待する。
 たとえば、「父親」は一家の働き手で、最終決断をくだし、「母親」は家庭を守って、妻の務めを果たし、「子ども」は親のいうことに従う、といった具合だ。
 家族がその期待にそえば、ものごとがスムーズにいくが、支配されることに反抗したり(ENTJ型やISTP型)、自分のことは自分で決めたがる(とくにNP型)と、問題が生じる。
*/

 あ、うん。俺は将来父親になったら絶対にこうなる自信がある。うちの父さんもそうだし。
 ていうか、こういう父親になりそうなのが嫌で結婚願望に絶望を抱いてるとか本音言っていいですか(何

/*
 ESTJ型の子どもは、活動的でリーダーシップをとる。
 こういう行動は女の子の場合よりも男の子の場合のほうがずっと歓迎されるが、女の子も男の子に劣らずそうした行動をとりやすい。
 その結果、「女の子はそんなことするもんじゃありません」と耳にタコができるほどいわれる(いちばんこんな言い方をするのがESTJ型の父親というのは皮肉である)。
 総じて、ESTJ型の子どもはよく遊び、(親も含めて)みんなに命令をくだす。
 親には親らしくふるまってほしいが、枠を課されると、反抗する。
 しかし結局は、親の権威をありがたく思うし、実際には頼りにしている。
*/

 幼少期の俺ですね。っていうか、まんまそのままだ。俺も自分に娘が出来たら「女の子はそんなことするもんじゃありません」って絶対に言うね! むしろ今でも知り合いの女性にはいってるときあるよ!
 ……_| ̄|○

/*
 学校でもそれは同じである。教師の仕事は授業をし、クラスをまとめることであり、教師たる者はよい手本になり、ふさわしい服装をすべきだと考える。
 ESTJ型の生徒は、いささか多弁で議論好きなところを除けば、どちらかというと学究タイプである。
 きちんと枠があって、実践的で目に見える成果のあがる授業に魅力を感じる。
 勉強ができるので、大学まで進学するが、高度な抽象理論になると、やる気を失う傾向がある。
 大学には多いNP型の教授の講義は、はっきりとしたアウトラインがなく、資料も具体的でないことが多く、ESTJ型の学生は失望する。
*/

 わはー。大学に入る前に大学に失望しました。まぁ、だから、「実践的で目に見える成果のあがる授業に魅力を感じる」専門学校に進んだわけで。何だこのむやみに高い的中率。そんなに俺は典型的か!?

 まー、そんな感じでなかなか面白いので皆さんも是非やってみてください。そしてブログに書くといい!


おまけ。
 各分類におけるタイプ

外向(E)型
社交的/相互作用/外向的/間口が広い/外延的/幅ひろい人間関係/エネルギーを消費する/外面的な出来事/人付き合いがよい/喋ってから考える

現実(S)型
継続的/現在/現実的/具体的/実際的/堅実/事実/実践/各論

思考(T)型
客観的/意志強固/法則を重んじる/正義派/白黒をはっきりさせる/批判的/自分の方針を曲げない/人の意見に惑わされない

規範(J)型
解決する/決定する/不動/閉鎖的/計画どおり/体系的/確定/期限
[PR]
by Akira_Ikuya | 2006-09-12 12:44 | リアル


<< Scene12 レーサーの落書き帳。 >>