ただ黙々と重ねつつ。

 ここ数週間見直して、「そーいや俺最近ROしたっけ?」と首をかしげている晶です、こんにちわ。いや、露店なら毎日やってるんだけどさ。経験値さっぱり稼いでない気がしてならない。
 ああ、あと。メッセネームにも書いたけど、カード帖の平均値が4Mになるか、それとも所持金が150M突破したら、20M残して残りの全額カード帖につぎ込みます。ほしいものないし。

 ぶっちゃけアサ装備は最低限あれば何とかなるsアッー


 そんなわけで、アッーあたりでわかると思うけど生体SSに没頭してます。現在話総数11個。番外で三つ書いたのあわせたら14個。でもまだ完成には後数話。何やってんだろ俺。
 当初、「こういう話書けたらいいなー」で伏線いくつかちりばめてて、スレで受けなかったら打ち止めでいいやと思ってたのだけど徐々に反応してくれる人たちが増えてきて。調子乗ってあと最終話とエピローグ残すぐらいとなってしまって一番俺が驚き。
 え、あの。あんな文章でいいんですか、みたいな。俺よりもっと凄い人がたくさん投稿してる中でちょー恐縮。うん。皆さんをがっくりさせないためにも頑張ります。

 ただ、あと二話で全部の伏線回収してたら説明文っぽいのがだらだら続きそうでどうしようか懸念中。ある程度は読者の皆さんの想像に任せていいのかな……?
 とりあえず、エピローグまでスレに上げ終わったら、ブログのほうで修正・改訂版乗っけます。生体研究所設定を知らない人が読んでもちんぷんかんぷんとは思いますが、とりあえず誰でも見れる二次作品的なものにはしたいかな、と。

 っていうか、早く俺も生体3Fいきたいー。早くセシルといちゃいちゃしtアッー
 うん、やる気出せば結構早く届くくせに、そのやる気が出るまでがめっぽう遅いと言うどうしようもない人間でごめんなさい(死



 俺の現在の部屋事情、本を納めるためのカラーボックスが三つあるんですよ。そのうち二つは既に本がぎっしり。片方のカラーボックスの上にはテレビ・PS2が占領してるため、もう片方のカラーボックスの上に教材系の本を並べて置いてるわけですが。もう一つのカラーボックスのほうも本やら小物やらがぎっしり。
 で、ダンボール一箱そのまま+それに匹敵しそうな量の本が大量に床に放置。

 これはちょっとやばいかもしれんね、ということで、横倒しのカラーボックス回収してそこに本棚でも据えようかな、とか思ってます。とはいえ、本棚って高いからなぁ。本棚っていうか家具か。
 カラーボックスはおいとけばまだ使い道があるとして、どれぐらいのサイズの本棚にするか悩み中。明日、明後日使って家具店でも見に行こうかな。Sつれて。

 っていうか、本棚ない限り本が絶対納まらないしもうあそこらへん一帯魔界になってるもんなぁ……(遠い目
 それでも本を買い続ける自分に乾杯。反省の色、欠片もなし(駄 
[PR]
by Akira_Ikuya | 2006-08-25 11:54 | リアル


<< Scene1 【Last Prelude】 ... >>