いつか見た交差点。

 昨日、月曜日にあった神器クエとかの日記を書こうとしてたんですが、前日1時間ちょっとしか寝てなかったのでおとなしく眠った晶です、おはようございます。SSはろうにも現在会社なんで、おとなしく違う記事書きます。

 家に帰ったらたぶん書く……はず。ゲーム一段落着いたし。

 まぁ、そのゲームは何やってたかというと、三年前のゲームやってました。
 CROSS†CHANNEL。ネットやってエロゲーとかやってる人だと知ってんじゃないかな。今でも名作と謳われてる作品です。さり気なくやったことありませんでした。
 ……いや、今から三年前にこれやると、多分色々人生観変わってたとは思うけど。

 シナリオ担当の人が他のゲームでも名をはせてるお人だったのと、あの人の文章テイストが好きだったので、白乃にPS2版を借りてプレイ。ただ、白乃から「あのゲームはPC版やったほうが多分いいよ」と言われ、友人にPC版を借りることに。
 とりあえず進んでるところまでスキップごーごー。

 ……。

 気づけば深夜とかざらでした。
 この三連休、かなりこのゲームに時間費やした気がする。

 何ていうか、うん。何しゃべってもネタバレになりそうなゲームでした
 しいて言うなら、キャラが全員濃すぎ。設定上確かにそうならざるをえないんだけど、ここまでやるかと。っていうか霧が可愛すぎるんです、やばいこの子つぼった。
 ゲーム終わった後、しばらく霧を主役にしたアフターストーリー考えるほどに可愛かった。いや、ここまでゲームのキャラに嵌るのは久々かもしれん。思わず某サイトで少佐殿の演説(霧Ver)見つけて爆笑したぐらい大好きかも。

 うーん、どうにかしてこれのアフターストーリー作れないかなぁ。いや、ネタは浮かんでるんだけど、これ書くなら絶対長編だよなぁ……ゲームの展開がアレだし。霧一人に絞るなら絶対に10話ぐらいは必要やわ。ゲーム中ぶっ壊れた俺の相手をメッセでしてくれてた白乃ととわちょには感謝。とわちょは早くC†Cの続きをやりましょう。

 さて、追記ではちょっと内容に突っ込んでみます。ネタバレいやんな方はプリーズバックキー。



 アフターストーリーを書く以上、おそらくTrueEndとなる「全員帰還」の続きになるとは思うんですが、ゲーム本編、EDテーマ流れた後の「黒須ちゃん、寝る」のシーン。このシーンをどう解釈するかで、アフターストーリーの展開が絞れるとは思います。
 ってことで、ちょっとだけこのシーンについてあれこれ。

 無人の世界を、某サイトに合わせてB世界と定義し、黒須たちが元々いた世界をA世界と定義します。まず、「黒須ちゃん、寝る」の存在意味。
 これは、各所では「お遊びシーン」とか「製作者たちが余興で作った作品」といわれ、あまり重要視しない声も上がっていますが、ハッピーエンド主義者なため、無理やりでもあるものは使わせてもらいます。
 あるものはたとえ石ころでも宝石として扱う、それが俺様クオリティー。クオリティー低くてすいません。

 このシーンにおいて、まず目がいくのが幽霊っぽい状態になって黒須を見守る部員たちの存在。幽霊、と厳密には表記されてないんですが「こっちにつれてきちゃおうか」「それって死ぬことになるんじゃ……」などと部員たちが言ってることから、多分幽霊の線で間違えてはいないとは思います。もっと他の概念があるのかもしれませんが、俺のボキャブラリーでは幽霊という単語が一番しっくりくるので。
 まず、この部員たち(Ver幽霊?)の存在。散々語りつくされたネタではありますが、おそらく、「その週の部員たち」という答えでFAじゃないかな、と。

 黒須はB世界のループを免れて「固有時間での存在」として孤立していますが、黒須以外の存在全ては、日曜日を区切りにループします。ただ、ここで注意したいのが、『B世界=ループしている期間「だけ」ではない』ということ。当然、ループする前のB世界の時間も存在するし、ループした後の時間も存在します。存在するだけで、そこに干渉は出来ない設定になってますけど。
 B世界は、『一週間より前の時間』に黒須が暴走して部員全員を殺害する(榊原の日記により)となってますが、おそらくそのときの魂じゃないかな、と。オカルトチックですが。
 でもって、その魂たちは一週間黒須につきまとって、ループと共に消えて、ループが始まると同時に『既に在る』。ゲーム中「ついてくるな!」とか黒須が言ってたのはこれじゃないのかな。だからこそ、あの時幽霊っぽいのは一人ずつしかいなかったし、こっちへ引き込むとか言っていた、と。
 ただ、解せないのが「あの幽霊たちはすべからく黒須に好意を持っている」という点。もし魂の存在ごとループしているはずならば、冬子、霧の二人の感情もリセットされてるはずなので、あそこまで露骨に好意を示さないんじゃないかな、と。
 そうなると、幽霊ループ説はひっくり返って、結局幽霊も固有の時間を持つことに。うーん、やっぱこっちのほうが正しいのかなぁ。

 見解の中では、B世界=死んだ人の世界として、A世界で死んだ人らが行く世界というのもあった上に、あの最後の幽霊シーンは「A世界で寿命を尽くした部員たちが黒須を見ている」という解釈もありましたが、あまりにも美しくないのでスルーします。独善見解万歳。

 そして次に、七香の存在。
 七香は全てのカラクリ(?)を知っていて主人公に接してきます。その正体は黒須の母親なわけですが、多分コレも幽霊的存在と認識していいでしょう。上で出てきた部員sと同じく。

 その七香についてですが、少し言葉遊び的なニュアンスになってしまうんですが、七香=七日(読みはちょい違う)とすると、ループ現象が『一週間という枠』なのに理由がつきます。そもそも、ループ期間というのは、別に何日でも『ゲームとして』は問題がないんです。もちろん、シナリオを書く手間、CGを書く手間は増えますが、製作者としては何日であろうが、ほとんどの場合問題はないと思います。
 それを一週間=七日と決定したのが、おそらくこの七香の言葉遊びじゃないかな、と。黒須もこの七香のことをちゃんと覚えていたわけですし(深層記憶っぽいもの?)。

 合宿の帰りにB世界を観測し、A世界とB世界とのクロスポイントになったときからの七日間、それがB世界におけるループで、「七香が存在できている間、クロスポイントが発生する」と考えるのが自然かな、と。まぁ、ノートが何千冊も祠に収められているという時点で、絶対時間概念で考えると途方もない時間、クロスポイントが発生していたことになりますが。

 と、とと。本題からそれてた。
 そんなわけで、A世界、B世界の定義はこれぐらい。ほとんど齧って穿って書いた見方なので、色々見たい人は考察いってください。いっぱいありました(げっそり←探したらしい

 そんなわけで、最後のシーン。最後の蝉が鳴きながら「この空の消える(略)」と書かれたあの場面。
 この瞬間に、黒須は新たにC世界を観測したのではないかな、と。B世界は黒須が生きるに必要な微生物などは生きているけれど、それ以外は死んでいる世界。B世界=黒須の理想世界、やりなおしたい世界と認識するならば、の設定ですが。とりあえず、そんなB世界で蝉が鳴くのはタブーとされていること。
 最後のシーンを「黒須が見た空」と考えるなら、別世界を観測してそこにリープしたと考えるのが妥当なはず。尤も、その観測した世界(C世界と仮定)が、=A世界とつながれるのか、それともまったく別の世界と認識されるかは知りませんが。

 まぁ、多分C世界=A世界という認識だとは思います。全員を送り返した後、B世界ひたすらにラジオを続ける黒須ですが、ED、ドラマCDともに、そのラジオ内容がA世界に届いています。電波というあやふやなものが世界を超えて云々という意味でしょうけど、それほどまでに近い世界なら、黒須が再観測することもできるんじゃないかな、と。
 最後に、蝉の鳴く空を観測して、A世界に再び黒須が舞い戻る。アフターストーリーとしての展開ならこれが一番なんでしょうが、これだとすっげー問題が。

 だって、黒須。A世界へと皆を戻すときに、フラグばら撒きまきすぎですもん。

 これから霧一人選ばせるのってほとんど不可能に近くねーか!?と頭を抱えて布団でごろごろしてたら気づけば数時間経ってるというミステリー。なるほど、これが寝不足のゆえんか。
 しばらくC†Cの二次創作について検討してみるかも。くそぅ、霧が可愛すぎるのがいけないんだ……!

 ちょっと蛇足。
 黒須の傷ともいえる思考回路、行動パターン、何だかとても理解できてる自分がいました。一方的なシンパシーですが、普通なら忌避されそうな思考をすんなり受け止めていたり。ゲームキャラクターは不完全を持って完成されます。人工物である以上、それが尤も自然で、完成されないキャラクターはそもそも生み出されすらしませんが。
 だから、今生きている俺がその完成さを持っているはずもなく。だからこそ一方的なシンパシー。

 白乃が俺にこのゲームを勧めたのに、果たして黒須と俺との関連性を見つけたのかどうかは知りませんが、このゲームを勧めてくれたことに感謝を。っつーか、このゲーム高校時代勧められたらちょっと本気でやばかったかもしれん。いろんな意味で。


おまけ。
 C†C、脳内ランキング。
 霧>>>>(越えられない壁)>>>>冬子=曜子>ラバ=美希>友喜=七香>>その他

 何か先輩の扱いが酷いとか聞こえるけど気にしない。いや、うん。だって嫌いな典型だし☆
 っていうか、霧以外がほとんど団子状態なのが我ながら笑える。霧の設定はつぼすぎなんだよぅ。あーゆー二律背反大好き。
[PR]
by Akira_Ikuya | 2006-07-17 09:15 | リアル


<< 創作系メモ 7/16GvGレポート in ... >>