エマージェンシーコールは無制限です。

 あすらぎたんに誘われるまま、ニコ動のとある遊戯王のプレイ動画のオフ会記念大会に参加してきました。メインデッキ・サイドデッキ・エキストラデッキに合計5枚までしか制限・準制限カードをいれることができない、という大会ルールだったため、マッチ戦のトーナメント形式だとばかり思っていたら、「予選は1戦のみ。目のあった相手と勝負し、先に6勝した人から予選勝ち抜け」というルールに。
 HEROビート組んでる身としては、正直中期~長期決戦を目的としていたために相性悪いルールとなりました。

 対戦相手も自由だということで、できるだけあすらぎたんを避けて適当に探しました。いや、だってあの人絶対育弥○とかついてるって。俺のときはガン回りするくせに他の人のときは事故るって何さあれ!
 ちなみに使用したデッキはこちら。

【HERO:41枚】
【下 級】
E・HERO アナザー・ネオス×3、E・HERO エアーマン×1、E・HERO オーシャン×2、
E・HERO スパークマン×1、E・HERO フォレストマン×1、E・HERO プリズマー×2
オネスト×2、デブリ・ドラゴン×2、沼地の魔神王×3、異次元の女戦士×2
【魔 法】
E-エマージェンシー・コール×3、デュアル・スパーク×1、ミラクル・フュージョン×2
増援×1、平行世界融合×1、月の書×3、融合×3、貪欲な壷×1、超融合×1
【 罠 】
強制脱出装置×2、砂塵の大竜巻×2、鎖つきブーメラン×2

【サイド:15枚】
【下 級】
クルセイダー・オブ・エンディミオン×3、魔導戦士ブレイカー×2
【魔 法】
R-ライトジャスティス×1、デュアル・スパーク×1、平行世界融合×2
撲滅の使途×2、超融合×1
【 罠 】
次元幽閉×3

【ex:15枚】
【融合】
E・HERO Great TORNADO×3、E・HERO The シャイニング×2、
E・HERO アブソルートZERO×3、E・HERO シャイニング・フレア・ウイングマン×1
E・HERO ジ・アース×1
【シンクロ】
エンシャント・フェアリー・ドラゴン×1、ブラック・ローズ・ドラゴン×1、氷結界の龍 グングニール×1
波動竜騎士 ドラゴエクィテス×2

 鎖つきブーメランとスパークマンは俺の趣味です。次元幽閉とかは、ガチデッキでくる子がいたらサイドチェンジして徹底抗戦しようという感じでした。
 実際に予選ではガチっぽい人とは当たらず進みました。たまたまだったのか知らないけど、何か悪魔属性多かった。




 ※大会実施から一日たっているため、違うデュエルと中身が混合している可能性もあります。正直細部あまり覚えてない。

 1戦目は前に座っていた人と勝負することに。合言葉は「おい、デュエルしろよ」。

 ○ 俺(HERO) - 相手(ユベル) ×
 悪魔並べてきたり終末でユベル落として一枚伏せてエンドとか、どう考えてもテンプレどおりな動きをしてきたので、強制脱出装置伏せて相手のユベルを待ち構える。
 準備が整ったのか、案の定リミットリバースを使ってきたので強制脱出装置でお帰り願う。その後キラトマから再び出てくるも、クリッターが何でか知らないけど攻撃表示のまま放置されていたので、ジ・アース先生にご登場願ってAtk6000オーバーぶん投げてフィニッシャー。

 2戦目の相手を探そうとしたところで、ホワイトボードに「対戦者募集中の人はこちら」という書き込みがあったので、そこへ行って二人目ゲット。

 ○ 俺(HERO) - 相手(インヴェルズ) ×
 インヴェルズとはじめて(?)の対戦。とらちがインヴェルズ組んでたけど、ほとんどカードを見ることなく終わってしまったため、この相手が実質初めて。インヴェルズ版黄泉ガエルとかをかなり早い段階で墓地に落とされて、上級がぽんぽんと飛んでくるものの、月書・脱出・鎖つきブーメランで粘ってビートして勝利。帝相手に融合体を並べる気はありませんでした。

 ホワイトボードへいくも、参加人数が奇数だったため完全にあぶれる形に。スタッフと勝負してもいいとのことだったので、女性スタッフの人が相手に。

 ○ 俺(HERO) - 相手(デーモン) ×
 初めて後攻スタート。相手モンスターセットしてエンドしたので、エアーマン安定サーチして殴ってみるとダーク・リゾネーター。地味に俺の違うデッキのエースモンスター。シンクロされたら嫌だな、と思いつつ、月書を伏せてエンド。
 そうすると次のターン、ダークリゾネーターにデーモンの斧を装備してくる。まさかチューナーに装備カードとは思っておらず、とはいえ、殴りかかってきたら寝かせればいいやとばかり思っていたら、次に堕落を発動。ここで相手のデッキの中身に気づいたため、慌ててダークリゾネーターを寝かせてデーモンの斧を破壊。堕落も自壊。
 ここでハンドを2枚使わせて、相手が手詰まり。この後融合並べて押し切って勝利。

 この辺から各種参加者も流動的になり始めたため、次の相手は労せず発見。

 ○ 俺(HERO) - 相手(インヴェルズ) ×
 またインヴェルズかよ!と思ったときには、既にインヴェルズ版黄泉ガエルが墓地に。そっからは二戦目と同じような展開になりつつも、回復されるライフよりも大きく削っていって勝利。
 この辺で予選突破一人目のコール。

 ○ 俺(HERO) - 相手(六武衆) ×
 相手先攻で、ヤリザ、六武城、強者の苦痛がいきなり並べられる。こんなの突破できるかよと思いつつ、手札に沼地・デブリがいたので、即座に一度黒薔薇ぶっぱ。一気に相手の場が瓦解したため、その後ビートで押し切って勝利。二匹並べない限り六武衆はあまり怖くないのが救い。
 この辺で二人目のコール。

 × 俺(HERO) - 相手(幻想召喚師) ○
 幻想召喚師をメインにすえたトリッキーなデッキ。その前に横であすらぎたんがこの人とやっていて、「皆既日食の書の効果で12枚ドローしてください」とか聞こえてきたため一体何がおきてんだとは思っていたんですが、どうやらあのときは事故っていたらしく、なおかつ俺のときはがん周りしたようで。
 3ターン目にナチュルの融合体が出てきて、しばらく一方的なリンチ現場が繰り広げられました。
 魔法使えない罠使えないって、HEROでどうやって突破しろと!
 その後何とか突破して、相手のライフを800まで削り取るも、ロイドの融合体が出てきて、アナザーネオスが奪われてそのままフィニッシャー。手札にオネストを控えていただけにちょっとしょんぼり。
 ここで三人目のコール。

 ○ 俺(HERO) - 相手(?) ×
 すみません、相手のデッキが思い出せません。さっきの幻想召喚師の印象が強すぎて……。
 普通に融合並べてビートして勝ってしまった記憶しか。なんだっけ、どんなデッキだっけ……。

 ぎりぎり滑り込みの四人目で予選突破。ファイナリストになってしまってちょっと目立ってしまった。

 その後、司会の人に「おなかすいたー。ご飯食べたいー」といったら、本選開始時間を遅らせてくれたのであすらぎたんとお昼に。サイドデッキについて言及していたくせに1戦勝負ばっかりだったので、本選はマッチ戦だろうね、という予想をしていたら、案の定本選はトーナメント形式でのマッチ戦。
 2位突破した人が午後から用事があるとのことで不参加になり、代わりに動画主のもりしゅーさんがログイン。4人がそれぞれカードを引き、同じカードの組み合わせの人同士でデュエルすることに。

 あの、俺の相手、もりしゅーさんなんですが。

 まさか相手が動画主とは思わず、準決勝同時開始にも関わらず人垣がこっちに集まる。俺はHERO、相手はいつも通り、ファイヤー流。
 動画主が本選参加するとは思わず、本選参加するなら、このままもりしゅーさんに勝ち残ってもらったほうがいいかな、と、心の中で何処か諦めていました。そんな自分の心情が姿勢に出ていたのか、初手がひどいばらばらに。

 × 俺(HERO) - 相手(ファイヤー流) ○
 1戦目はこちらが事故って、ハンド使い果たしてそのまま競負け。ただ、もりしゅーさんのデッキは気持ちよく廻っていて、周りから「動画とればよかったのに」というレベル。
 もりしゅーさんが気持ちよく回しているのを見て、さっきまで「負けてもいいや」と思っていた気持ちが「負けたくない」という意地に変わる。サイドチェンジ。少しデュアル気味に纏めてサイドトライ。

 ○ 俺(HERO) - 相手(ファイヤー流) ×
 1戦目がすさまじかったため、この回から動画を取ることに。
 初手からエマージェンシーコール2枚に増援。外野から「ありえない」という呟きも聞こえる。正直自分でもチートドローがすぎた。対し、もりしゅーさんは1戦目で色々使い果たしたのか事故る始末。1匹目の伏せがガード・オブ・フレムベルで、2匹目もガード・オブ・フレムベル。ここら辺で大体相手の事故り加減を読んだので、2枚目のEコール発動でフォレストマンを手札に加えて、攻撃表示で立たせてみる。早い話が餌。
 流石にフォレストマン素立ちは相手もまずいと思ったのか、2匹のフレムベルをリリースして、ダーク・ブレイズ・ドラゴンをまさかのアドバンス召喚。即座に強制脱出装置でお空の旅をプレゼント。
 このまま押し切って勝利。

 ○ 俺(HERO) - 相手(ファイヤー流) ×
 もう片方の準決勝は既に勝負がついてる中で、こちらはやっとラストバトル。こちらの初手はまたサーチカードが重なる。ギャラリーからチートという声が聞こえる。でも正直、もりしゅーさんの回りもチートだった。
 お互いシーソーゲーム状態に入り、相手の切り札をこちらがオネストで迎撃したり、こちらのモンスターを除去られたりしてお互いにハンドを消耗していく。使いきったオネストを貪欲な壷で回収して2枚ドロー。再び手に戻ってくるオネスト。うん、自分でもチートだと思った。
 もりしゅーさんのフェイバリットフィニッシャーであるトライデント・ドラギオンが登場し、2枚破壊して一気に3回攻撃を仕掛けてきたところで、もりしゅーさんのお気に入りの言葉を借りて「HEROにも、意地ってものはあってね!」。オネスト迎撃して勝利。

 というわけで、決勝戦へ。前日コミケで汗だくになりながら売り子していた俺と、同じくコミケに参加していてほとんど眠っていない相手。お互いこれまで予選と準決勝を割りと必死に潜り抜けてきた同士。
 当然お互いグロッキー。合言葉は「もうだめ、ぼくつかれた」。

 ○ 俺(HERO) - 相手(スクラップ) ×
 × 俺(HERO) - 相手(スクラップ) ○
 ○ 俺(HERO) - 相手(スクラップ) ×

 というわけで、さくっと結果だけ。
 決勝戦は1,2,3戦とも動画を取っていたため、もしかしたら動画にうpられるかもしれません。そこは動画主の体力次第だと思います。うん、編集頑張ってください……。
 お互いにEコールやらテラフォやらスクラップコールやら増援やらのサーチ勝負でした。回りが若干引いてたのが印象に残ってます。っていうか、Eコール手札に着すぎ。
 チートドローのおかげで、何か流れのまま優勝しちゃいました。

 最後に、「今日の最強カード」というコーナーがあって、それを俺が選ぶんだったんですが、何かもうEコールしかありえないなと。きすぎ。強すぎ。「4,5枚つまれてるんじゃないのwwwwwwww」といわれるレベルで来てました。
 「Eコールは無制限だぞ!」というコメントも思わず言ってしまいました。ちゃんと3枚制限は護ってるよ!

 この後、フリーデュエルやらなんやらで色々皆やってたんですが、もうお兄ちゃん完全にグロッキー状態でした。ちまちまとフリーデュエルしてましたが、後攻1ターン目にデッキの全モンスターを除外するデッキに出くわしてびっくりしました。アルメティットブルーアイズで殴り殺しましたけど。
 時間がきて表彰式が終わって、2階のロビーで再び皆でフリーデュエル。交流会みたいな感じだったので、適当にだらだらとやった後に、あすらぎたんともう一人の参加者と一緒に飲み会にいって、マクドでだらだらと朝方まで居座った後、朝の6時ぐらいの新幹線にのって帰途へつきました。

 あ、ちなみに、優勝商品はスターター2010の米版と、MOJAのウルトラと、舌魚のパラレルトークンでした。3位がスカーレット・ノヴァとシューティング・スターで、2位がシューティングスターのホロだったのを省みると、何か優勝したのにあまり嬉しくないのは何故だろう!?
 正直もりしゅーさんとの準決勝が楽しすぎて決勝戦の印象が曖昧だったというのもあるんです、が。あのときの対戦相手の方、申し訳ありませんでした。毎回初手増援もってて本当にすいませんでした。てへ。
[PR]
by akira_ikuya | 2010-08-15 22:57 | 遊戯王


<< こんな制限改定誰が予想した。 東京は曇り空。 >>