眠気を我慢するとこめかみあたりがキリキリと痛むことを知った日。

> 00:44 あら…糖分ダメなお薬ですか。では、木を隠すなら森の発想で午後ティー(ストレート)一気ですね。
>00:50 送ってしまってから何ですけども、諺の使う場面が違う気がしました。多分右頬を打たれたら左を差しだす…、あれ?

 ごめんなさい、僕が馬鹿なのかわからないけど何が何だかよくわからなくなってきました……!

 そんなわけで、気管支炎絶賛三週間目突入しました。っていうか、風邪引いた日から数えると三週間が終わりそうです。業務的には今週は比較的余裕があるためよかったんですが、先週までは薬の時間があるから残業できない、でも作業が終わらない、で割りと死に掛けてました。

 で、お薬。
 二週間たっても直らないので、三週目は違う薬を処方してもらいました。今までは錠剤2個と粉薬1袋だったんですが、粉薬2袋、錠剤一つに変わったらしく。抗生物質処方するって言ってました。

薬局Ω<粉薬2種類出てますけど、一つの袋にまとめておきますね
俺Ω<あ、はい……はい?

 嫌な予感がして、家に帰って見てみると、何か袋の中が多い。何かもさっとたくさん入ってる。
 袋状のオブラートにいれてみると、入れるだけでオブラートがほぼ一杯。丸めるとか無理無理。入り口のところ蓋するのが精一杯でした。

 そして、一袋でただでさえ眠かった粉薬が、二袋に進化してものすっごい眠くなりました。眠いっていうか、若干頭の奥が酩酊状態。眠くない、瞼も閉じる気配がないのに、何だか凄くぼうっとする。これやべーんじゃねぇの、これ大丈夫なの!?と自分で自分を心配するレベル。あまりの眠気に耐えていたら、こめかみがきりきりと痛み始めてもういっそ好きにしてくれ状態。

 薬はびっくりするぐらい効いて、業務中の咳が1/10ぐらいに減りました。何この薬凄い。

 でもこの薬、錠剤は食後で粉薬は食間とかいうわけわからないタイミングで飲まされるので、仕事中もそもそと薬飲むのが何か恥ずかしくて仕方ありません。もういっそ全部錠剤にしてくださいよー!
[PR]
by akira_ikuya | 2010-06-24 23:51 | リアル


<< これは道無き道の旅。 異文化交流? >>