座り込んでなんかいられない。

 こないだ唐突に復帰した小説ですが。
 これには色々と要因が重なり合ってたりしてます。

1.最近やる夫の創作系を読むようになった。
 今まではAAなんてぷぎゃーなんてしてたんですが、名前「」っていう感じの奴は無視して他のをトワの勧められるままに読んでみたらこれがすいすい読めて面白く。以前書きましたが漫画読んでる感じがしていつの間にかどっぷり。

2.THE FOOLやべぇよ面白いって。
 思わず聖なるかなをやり直してしまうぐらいに面白かったです。もう何回読み返したか判りません。いつか群☆伝とかHappyDaysみたいに数十回単位で読み返す作品になるかもしれません。そんぐらい嵌りました。そして、何か書きたくなりました。

3.Sのサイトを知った。
 俺がまだ京都にいたころ、一週間の半分ぐらい俺の部屋に居座り続けたSという人物がいたんですが、こいつが俺の知らない間に小説のサイトを開いてまして。まったく知らなかった。ほんと気づきさえしなかった。こないだの金曜、何となく話したくなって俺からかけた電話で知りました。1時間ぐらい話し込んでた気がする。またバカやりたい。
 これが俺に火をつけました。負けてられるか、っていう、気持ち。まこぴー相手に昔抱いてた、忘れかけてたそんな感じの気持ち。

4.のりこさんに引っ張り込まれた。
 そして何でか知らないけどLisaの廃人が集うchに連れ込まれました。のりこさんが俺の小説をそのchで広げまくったらしい。あの、うん、すいません、何かほんとごめんなさい!っていう気持ちでした。僕みたいな廃人度が薄い人にはなかなかびっくりするレベルの会話がされてました。そんな人らが俺の小説読んで続きまだーっていってくるとかもう恐れ多くて。

5.姉上様との会話ログを最近読み直して見た。
 CDLのプロットを誰かとメッセで話したよなぁ、と思って、話しそうな人のログを手当たり次第探してました。まこぴーか鳳だと思ってたんですが見つからず、そういや以前姉上様にも小説の推敲してもらってたな、と思って開いてみてあれこれ会話見てみて。
 その中で、読者視点で俺の作品をあーだこーだいってもらってたんです。それが何だかありがたくて嬉しくて。こんな駄文ですが、読者さまからの視点で意見とか考察をもらえるとありがたいです。「そうか、ここをこうやって読むのか、じゃあ、こうやってミスリードを狙えるか?」とか。逆にその意見を逆手にとって伏線はれたりするのです。なんと言う他力本願。
 あ、ちなみにCDLのプロットが結局見つからなかったので、とある友情の、からは完璧に新しく作り直します。大筋にさえ沿わなきゃ後の話はどうとでもなるっていうのが、この作品の結構いい加減なところです。

 そんな感じで。
 いつまで持続するかはわかりませんが、週一単位で更新できたらいいなと考えています。

 でもカヴァクとエレメスの書き分けできないから、生体スレで泣きついてきました。てへ。
[PR]
by akira_ikuya | 2010-02-08 03:25 | 二次創作


<< 座椅子のある生活。 2/7GvGレポート in F... >>